シラチャのロビンソンデパート周辺エリア

シラチャのサービスアパートがあるエリアは二箇所あります。ひとつは元々の中心地であったロビンソン裏と呼ばれるエリアの近くです。ここはその名の通り、タイのローカルデパートであるロビンソンデパートを中心にして、その周辺にありとあらゆる施設が密集しています。とはいうものの、大きなビルがあるわけではなく、いわゆる路地のような場所にあるタウンハウスに様々な日本人向けの施設やローカル施設が入居しているというイメージです。例えば、居酒屋、蕎麦屋、カフェなどの様々な日本食レストランから、日本人向けのカラオケまでがあります。日本人向けの語学学校もあれば、旅行代理店もあります。ローカル向けの施設としては、銀行やクラブなども複数存在しています。そして、それらすべてを見下ろすかのようにパヤタイ病院シラチャ院がそびえ立っています。この病院には日本人通訳も常駐しており、シラチャ在住の日本人にはなくてはならない病院となっています。ロビンソンデパート自体は特に日本人向けのデパートではありませんが、100円均一で有名なダイソー(タイでは200円均一)や、庶民の味方(タイでは高級日本食)の大戸屋なども入居しています。日本と同じ値段ではありますが、ユニクロも入居していますし、カレーが食べたくなればCoCo壱番屋も入居しています。もちろん、現地のローカルタイ人向けの安価なフードコートなどもあり、安かろう悪かろうではなく、タイ料理が嫌いでないのであればじゅうぶん美味しくいただくことができます。