シラチャのサービスアパートを立地で比較します

では次はシラチャのサービスアパートを立地で比較します。すこし前述したようにシラチャでも立地によってはサービスアパートの価格に大きな差が出ます。駐在の場合は企業が支払うのであまり気にしないかもしれませんが、その企業が自分の会社員をどこに住まわそうか考えるようなタイミングではあまり高額な日本人街の中心地が除外される例も最近増えているようです。また同じ社員でも地位の高い社員とそうでもない社員のサービスアパートをわける場合もあるようです。もちろん立地的に便利なのは日本人街の中心地ですが、あえて海の近くや山の近くで自然を感じたい層がそのようなサービスアパートを選ぶ場合もあります。また自ら中心地からそのようなサービスアパートへの引っ越しを希望する層もいます。価格が下がって会社的には審査が通りやすいのはもちろん、子持ちの駐在さんは子供のことを第一に考え、自分が少し出勤や日々の生活に不便が出ても子供がのびのび遊べるサービスアパートを希望することも多いようです。日本人街の中心地にあるようなサービスアパートもバンコクのサービスアパートに比べると十分に広いです。しかしシラチャのよさを存分に味わえるという意味では少し離れたサービスアパートは非常に魅力的な選択肢に見えます。シラチャはまだまだ自然がたくさん残っていますし交通量も少ないです。バンコクよりもタイ人の性格も穏やかですし、事故も事件も少なく空気もきれいです。