サービスアパートの特徴について バンコク編

このようなサービスアパートはシラチャだけに限らず世界中でみることが出来ます。また何も日本人だけのためのものではありませんし、そもそもイギリスの文化であるサービスアパートという形態を日本人も真似をしているだけです。実際に、日本にも数すくないながらサービスアパートは存在します。日本にあるサービスアパートは日本人以外が住んでいます、バンコクやシラチャのサービスアパートには日本人がたくさん住んでいます。では、都会であるバンコクと田舎のシラチャのサービスアパートでは何か違いがあるのでしょうか。この点、バンコクからシラチャには毎年たくさんの引っ越し組がおり、そのほとんどはサービスアパートに入居を希望しています。つまり、シラチャのサービスアパートがバンコクのサービスアパートよりも人気だということですね。サービスアパートに住むような人は前述したように駐在さんですから、会社から家賃が出ています。よって何も値段の高低でシラチャのサービスアパートを選んでいるわけではないようです。私が色々と調べたところによりますと、シラチャのサービスアパートの方がずいぶんと広々としているようですね。つまりバンコクは日本よりも土地が高いところも増えていますのでそれに伴って家賃が非常に高く、いかに日系企業でもあまりに高いところには手が出ないということでしょう。この点、シラチャのサービスアパートはバンコクの6割くらいの価格で住むことが出来ます。