シラチャのサービスアパートは魅力がいっぱい

日本のサービスアパートはほとんど外国人に占められています。これは外国人がとくいに競って居住したがるわけではありません。もともと日本にサービスアパートという住居の形態が存在しなかったところ、日本のグローバル化にともなって海外から駐在さんが日本に長期滞在するようになりました。彼らの国はサービスアパートは当たり前なので、駐在にストレスなく暮らしてもらえるように海外の不動産業者と日本の不動産業者が作ったのが日本のサービスアパートになります。そのため、欧米本国のサービスアパートとは少し仕様が違うようですが、住人に快適さを提供するという意味では十分にその役目を果たしているのではないでしょうか。外国人が日本に来た場合、その文化の違いや言語環境の不満から短期間で帰国してしまうことが多かったそうです。日本はタクシー1つ乗るにしても英語が全く通じませんからね。かといって世界的に日本でしか通じない日本語を習得してから日本へ来るような外国人は極めて稀ですから、その部分をサービスアパートが補う必要があったのです。これと同じようなことがシラチャのサービスアパートにも言えます。