サービスアパートだから実現できる家庭生活

日本人が慣れないタイでの長期生活を強いられる場合、外国人が日本で同じように長期間生活するのとは比べ物にならないほどのストレスを感じます。つまり、外国からすると日本はとことん安全で綺麗でサービスが過剰なくらい行き届いた国ですから、彼らにとっては生活が楽になることはあっても難しくなることは少ないのです。ただ1つ言語の問題をのぞいて。反対に、便利で安全清潔な日本からタイのシラチャに引っ越した場合はどうでしょう。言葉が通じないのはもちろん、ちょっと覚えてくたタイ語も通じません。なぜならタイ語は声調が非常に重要な意味をもちますから練習を積み重ねないとしゃべれるようにはなりません。さらに、コンビニが日本ほどありませんし、道もでこぼこで、なんと!野犬もそこら中をウロウロしています。私個人的には野犬に一番参ってしまいましたが、特に襲ってきたりはしませんので慣れればたいしたことはありません。しかし普通の家の前やコンビニの入り口付近にもたむろしていますので、怖くない危なくないといったら嘘になりますね。とくに小さいお子さんはきをつけなければいけません。そういったものから完全に守られて言葉が通じ、日常生活で助けが必要なほとんど全てのことがらについてコンシェルジュが助けてくれる、そんな夢のような住居がサービスアパートなのです。